保育士の初任給

保育士の初任給は、巷でもよく言われている通り安いです。

 

平均初任給で見ると、初任給は16万円〜17万円くらいで、そこから年金や保険などが天引きされます。

 

そうなるとさらに2〜3万円くらい引かれることになります。保育士の初任給は手取りで13万円〜14万円くらいになるので世間の水準から見てもかなり低いと言えます。

 

保育士の仕事は、雑務が多くハードな内容なのに、給料が低いことで問題になっています。

 

手取りの初任給が10万円程度の保育園もあるので、給料面では厳しいと言わざるを得ません。

 

これでは、保育士になる人が少ないのも仕方ありません。

 

初任給における公的なデータはないのですが、女性保育士の場合、平均年収が257万円くらいなので、月額18万円くらいです。
初年度は賞与が付加されないことから、平均初任給は月額17万円くらいということになります。

 

そこから各種保険料や給食費などが差し引かれると、やはり初任給の平均手取り額は13〜14万円という結果に至ります。

 

2年目からは年2回の賞与が加算されるので、多少、年収は上昇するのでが、保育士の場合、給与の上昇率が低いので、長く続けても給与が大きく上昇することはないのです。

保育士辞めたい関連ページ

ボーナスについて
保育士のボーナスは給与が低いのですがそれなりに多いです。他の職種と遜色はないです。
保育士の給与
保育士の給与はお世辞にもいいとはいえません。特に私立保育園が安さが目立っています。
保育士の年収
保育士の年収は平均で見ると年収は315万円で一般企業平均と比べると10万くらい低い数字です、
休みや夏休み
保育士の仕事をするにあたり収入と同じように気になるのは、休みや夏休みについてです。やはりプライベートな時間は重要なので気になります。
気になる退職金について
保育士の退職金についてですが公務員として勤務して言うr場合と私立や民間の場合とでは大きく異なります。
保育士の労働時間とサービス残業
保育士の労働時間は開園から閉園までの時間に中になるのが基本になります。8時間労働が基本と言えどもどうしてもサービス残業が多くなります。