保育士の労働時間

保育士の労働時間というのは気になりますが、一般的なシフトの場合、朝7時から夜7時くらいの時間になります。

 

開園している時間は12時間前後になりますが、もちろん働きっぱなしではなく、シフト制で保育を行っています。

 

大体、早番で7時頃から16時まで、中番で9時から18時まで、遅番で10時から子どもが帰るまでくらいの労働時間になります。

 

保育士の労働時間は他と同様、8時間が基本ですが、残務がどうしても多くなります。

 

保育日誌をつけたり、保護者との対応など業務が多くなるので、サービス残業になることも少なくありません。

 

保育園によってシフトの体制が違うのでなんとも言えませんが、早番と遅番は1週間のうち2回くらいです。

 

ほとんどのところで早番、中番、遅番のシフト制を採用しているのですが、早番の場合、朝7時頃からの園児の受け入れをする早出出勤になります。

 

ただ朝が早い分、16時頃には仕事が終わります。

 

遅番は9時頃の出勤になるので朝は少しだけのんびりできるのですが、その反面、夜は園児のお迎えに保護者がくるまで待っていなければならないこともあるので大変です。

保育士のサービス残業

保育士は保育園やまた一時預かりや託児所などの預かりサービスで働くことができます。

 

そんな保育士になることにあこがれて保育士の資格を取得するという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな保育士についてですが、保育士として働くうえでサービス残業を行っているという方も増えているのです。

 

サービス残業は残業手当なしでサービスとして働くものです。

 

保育園で行うイベントなどのための準備などが多くて中々業務時間内にその仕事を終えることが出来なくて残業せざるを得ないというものなのです。

 

また残業をしなくても家に仕事を持ち帰らなければいけないというケースも多いです。

 

もちろんこういったことは保育園など働いている施設によっても異なります。

 

イベントごとに保育園の装飾を変えたり、また行事に使用するものを手作りで作ったりするなどの必要があり、それを残業したり持ち帰って作ることで完成させているという方も多いです。

 

普段の保育園でのお仕事から次の日の保育のための準備以外にもたくさんやることは山積みなのです。だけど薄給で不満を持っている方も多いようです。

保育士辞めたい関連ページ

ボーナスについて
保育士のボーナスは給与が低いのですがそれなりに多いです。他の職種と遜色はないです。
保育士の初任給
保育士の給初任給は残念ながら低い水準になっています。待遇改善が今後の保育士増員のカギになっています。
保育士の給与
保育士の給与はお世辞にもいいとはいえません。特に私立保育園が安さが目立っています。
保育士の年収
保育士の年収は平均で見ると年収は315万円で一般企業平均と比べると10万くらい低い数字です、
休みや夏休み
保育士の仕事をするにあたり収入と同じように気になるのは、休みや夏休みについてです。やはりプライベートな時間は重要なので気になります。
気になる退職金について
保育士の退職金についてですが公務員として勤務して言うr場合と私立や民間の場合とでは大きく異なります。