保育士の年収は平均と比べると10万円くらいは低い

保育士の年収は、かなり厳しい状況にあります。

 

平均で見ると年収は315万円くらいになり、他の職種平均と比べると10万円くらいは低くなります

 

保育士の年収は315万円くらいなので、給料にすると20万前後になります。

 

これは全国平均なので、もっと低い人もいます。

 

ボーナス約60万円を入れて保育士の平均年収は300万円〜340万円くらいなので、全体的なレベルから見ても低いです。

 

年収が350万円以下の職業は低いと考えられていて、生涯年収でも1億3545万円ほどです。

 

保育士の仕事内容は、子供の身の回りの世話がメインですが、それだけではありません。

 

ミルクを飲ませたり、読み聞かせやけんかの仲裁など、多岐に渡ります。

 

保護者との面談もあり、精神的に疲弊します。そうした中、保育士の年収が低いのは由々しき問題ですが、以前改善はされていません。

 

民間の保育士の場合、ボーナスが出なかったりすることもあるので、さらに大変です。

 

保育士の年収は、男女で見ると、男性が322万円、女性396万円と女性のほうがやや高くなっていますが、それほど変わりはなく、300万円〜400万円台で落ち着いています。

保育士辞めたい関連ページ

ボーナスについて
保育士のボーナスは給与が低いのですがそれなりに多いです。他の職種と遜色はないです。
保育士の初任給
保育士の給初任給は残念ながら低い水準になっています。待遇改善が今後の保育士増員のカギになっています。
保育士の給与
保育士の給与はお世辞にもいいとはいえません。特に私立保育園が安さが目立っています。
休みや夏休み
保育士の仕事をするにあたり収入と同じように気になるのは、休みや夏休みについてです。やはりプライベートな時間は重要なので気になります。
気になる退職金について
保育士の退職金についてですが公務員として勤務して言うr場合と私立や民間の場合とでは大きく異なります。
保育士の労働時間とサービス残業
保育士の労働時間は開園から閉園までの時間に中になるのが基本になります。8時間労働が基本と言えどもどうしてもサービス残業が多くなります。