給与が安いことは大きなネック

保育士の給与は、決してよくありません。保育士不足が叫ばれる中、保育士の給与が安いことは大きなネックになっています。

 

特に私立保育所の保育士の賃金は低くなっています。

 

保育士の給与は官民格差が大きく、公務員保育士は勤続年数に応じた昇給があるので、まだ平均的な公務員と同程度の収入はあります。

 

しかし保育園には公営と私営があり、公務員以外の所定内給与となると平均して21万3,000円くらいしかありません。

 

そして最も多いのは月収18〜19.9万円くらいで、月収30万円以上はほとんどいないという実体があります。

 

保育士の仕事は、子どもたちの大切な命を預かり、その重要な時期に成長を見守り支える役割を担っています。

 

とても責任の大きい仕事で、しかも業務量は多く残業や持ち帰り業務もしばしばあるのにも関わらず、業界全体で保育士の処遇は非常に厳しいものとなっています。

 

また、長年働いて給料が上がったとしても雀の涙ほどしかないので、保育士の不満は募るばかりです。そうした中、勤務が長続きせず、離職率は多くなっています。保育士の給与が上がれば離職率も多少改善されるのでしょうが、まだ改善はされていません。

保育士辞めたい関連ページ

ボーナスについて
保育士のボーナスは給与が低いのですがそれなりに多いです。他の職種と遜色はないです。
保育士の初任給
保育士の給初任給は残念ながら低い水準になっています。待遇改善が今後の保育士増員のカギになっています。
保育士の年収
保育士の年収は平均で見ると年収は315万円で一般企業平均と比べると10万くらい低い数字です、
休みや夏休み
保育士の仕事をするにあたり収入と同じように気になるのは、休みや夏休みについてです。やはりプライベートな時間は重要なので気になります。
気になる退職金について
保育士の退職金についてですが公務員として勤務して言うr場合と私立や民間の場合とでは大きく異なります。
保育士の労働時間とサービス残業
保育士の労働時間は開園から閉園までの時間に中になるのが基本になります。8時間労働が基本と言えどもどうしてもサービス残業が多くなります。