保育士のボーナス

保育士のボーナスはどのくらい貰えるのでしょう。

 

保育士は給料が少ないのですが、ボーナスはそれなりいいです。

 

保育士のボーナスは他の職業と比べても遜色はありません。

 

給料のように少なすぎるということはありません。

 

保育士の場合、ボーナスについては比較的安定して支給されます。

 

最近の保育士のボーナスは60.3万円が平均なので、悪くはありません。

 

全産業の平均と比べると低くはなりますが、安定して支給されるところが評価できます。

 

ただ1年目の場合、ボーナスが出ても少額のところがほとんどです。

 

ボーナスについては、全ての保育士に保証されているわけではありません。

 

公立の正規職員として働いているのであれば保証されるのですが、民間の保育士の場合、ボーナスが出ないところもあります。

 

経営が困窮していたり保育園の方針などで、保育園の中にはボーナスが全く出ない施設もあるので注意が必要です。

 

ボーナスが出る、出ないについては、保育園の立地条件、規模、経営者の考え方に大きく左右されるので、転職の際には労働条件をよく確認してから職場に就く必要があります。

保育士辞めたい関連ページ

保育士の初任給
保育士の給初任給は残念ながら低い水準になっています。待遇改善が今後の保育士増員のカギになっています。
保育士の給与
保育士の給与はお世辞にもいいとはいえません。特に私立保育園が安さが目立っています。
保育士の年収
保育士の年収は平均で見ると年収は315万円で一般企業平均と比べると10万くらい低い数字です、
休みや夏休み
保育士の仕事をするにあたり収入と同じように気になるのは、休みや夏休みについてです。やはりプライベートな時間は重要なので気になります。
気になる退職金について
保育士の退職金についてですが公務員として勤務して言うr場合と私立や民間の場合とでは大きく異なります。
保育士の労働時間とサービス残業
保育士の労働時間は開園から閉園までの時間に中になるのが基本になります。8時間労働が基本と言えどもどうしてもサービス残業が多くなります。