保育士の待遇

保育士の待遇は決していいとは言えません。

 

仕事のハードさから言うと、むしろ悪い待遇といえるかもしれません。

 

サービス残業という名の残業があり、体力的にもきついものがあり、それでいて報酬はあまり高くないというのが現状です。

 

実際に待遇の悪さから保育士を離職する人も少なくありません。

 

そんな待遇の悪い保育士の仕事ですが、やりがいが他の職業に比べて高いので我慢が出来ているという人も多いです。

 

実際に待遇は大切でありますが、仕事のメンタル面を考えるとやりがいと言うのはとても大切で比重が重いものと言えます。

保育士の待遇について記事一覧

保育士のボーナスはどのくらい貰えるのでしょう。保育士は給料が少ないのですが、ボーナスはそれなりいいです。保育士のボーナスは他の職業と比べても遜色はありません。給料のように少なすぎるということはありません。保育士の場合、ボーナスについては比較的安定して支給されます。最近の保育士のボーナスは60.3万円が平均なので、悪くはありません。全産業の平均と比べると低くはなりますが、安定して支給されるところが評...

保育士の初任給は、巷でもよく言われている通り安いです。平均初任給で見ると、初任給は16万円〜17万円くらいで、そこから年金や保険などが天引きされます。そうなるとさらに2〜3万円くらい引かれることになります。保育士の初任給は手取りで13万円〜14万円くらいになるので世間の水準から見てもかなり低いと言えます。保育士の仕事は、雑務が多くハードな内容なのに、給料が低いことで問題になっています。手取りの初任...

保育士の給与は、決してよくありません。保育士不足が叫ばれる中、保育士の給与が安いことは大きなネックになっています。特に私立保育所の保育士の賃金は低くなっています。保育士の給与は官民格差が大きく、公務員保育士は勤続年数に応じた昇給があるので、まだ平均的な公務員と同程度の収入はあります。しかし保育園には公営と私営があり、公務員以外の所定内給与となると平均して21万3,000円くらいしかありません。そし...

保育士の年収は、かなり厳しい状況にあります。平均で見ると年収は315万円くらいになり、他の職種平均と比べると10万円くらいは低くなります。保育士の年収は315万円くらいなので、給料にすると20万前後になります。これは全国平均なので、もっと低い人もいます。ボーナス約60万円を入れて保育士の平均年収は300万円〜340万円くらいなので、全体的なレベルから見ても低いです。年収が350万円以下の職業は低い...

保育士の休みは、どんな感じになっているのでしょう。保育士になって仕事をするなら、休みのことは当然気になりますが、はっきり言って保育士は休みにくいです。保育園で働くと休みは基本的に日曜日と祝日になりますが、イベント行事などがあると日祝でも出勤しないといけないことがよくあります。日曜日は行事や研修などがなければ基本は休みなのですが、土曜日はローテーションで勤務があることが多いです。土曜日は保育園の行事...

保育士の退職金は果たしてどのくらい貰えるのでしょう。公立保育園で保育士として働いている場合は地方公務員になるので、公務員と同額になります。公立保育園に勤務する保育士の場合、勤続年数に応じて退職金の額が多くなるのですが、勤続年数×基本給×給付率で計算します。公務員保育士として定年退職すると、大体退職金額は2,000万円くらいになると言われています。ただし、退職金は必ずもらえるわけではありません。長年...

保育士の労働時間というのは気になりますが、一般的なシフトの場合、朝7時から夜7時くらいの時間になります。開園している時間は12時間前後になりますが、もちろん働きっぱなしではなく、シフト制で保育を行っています。大体、早番で7時頃から16時まで、中番で9時から18時まで、遅番で10時から子どもが帰るまでくらいの労働時間になります。保育士の労働時間は他と同様、8時間が基本ですが、残務がどうしても多くなり...