保育士の髪型

保育士として働いている間の髪形としては、やはりしっかり動けるような髪型にしておいた方が良いです。

 

保育士,髪型,服装動きやすい髪形

 

保育士,髪型,服装短めの髪型

 

保育士,髪型,服装ピンは使わない

 

保育士として現場で働くにはやはり身だしなみや髪型には気をつかう必要があるのです。

 

髪の毛が長い場合には髪の毛をまとめておかないと、衛生的にもよくないですし長い髪の毛が園児の目などに入ってしまう可能性もあり危険な一面もあります。

 

またいざという時に髪の毛を子供に引っ張られてしまって保育士さんが危険な目にあう可能性もあります。

 

ですので髪の毛はしっかりくぐっておくようにしましょう。

 

その際にヘアアレンジなどをしようとしてピンを使うようなことはやめてください。

 

また前髪が長いからとピンでくぐるのもNGです。というのもピンは先がとがっていて危険です。

 

もし園児にそのピンの先でけがをさせてしまったりしたら大変なことになってしまいます。ですからピンは使わない髪形にしておく必要があります。

 

ですが最近ではピンを使わないかわいいアレンジやまとめ髪の仕方なども出てきていますから、そういった方法でヘアアレンジを行って髪の毛をまとめるのもいいでしょう。

保育士の服装

保育士として働くのであれば仕事場での服装はやはり何よりも動きやすさが優先となります。

 

基本的な服装としてはTシャツに長ズボンという方が多いですね。
何より動きやすさと着心地の楽さを優先させてください。

 

毎日毎日とても元気な子供たちと一緒になって遊んだりお世話をする必要がありますから、動きやすい服装でないと一緒に元気に体を動かして遊ぶことができません。

 

またいざとなったときに急に動けない服装は困ります。

 

しゃがんだり走ったりとどのような時にも対処できる動きやすい楽な服装が一番なのです。

 

また汚れはもう仕事をして子供と遊んでいたらどうしてもついてしまうものです。

 

なので汚れてしまっても手軽に自宅で洗えるようなものがいいでしょう。

 

子供を抱っこして鼻水やよだれを付けられたり、また泥汚れがついてしまったりと様々な汚れを覚悟しなければいけません。

 

それにお値段としても高くないものがいいですね。すぐに汚れるので安いもので十分です。

 

またビジューや小さなボタンなどの飾りがついていると誤飲の危険性があるためやめるようにしてください。

保育士辞めたい関連ページ

子供嫌いなのに
子供嫌いなのに保育士になっている人もいます。または、保育士をすることによって子供嫌いになった人もいます。
あってはならない虐待
保育士でやってはいけないことそれは園児の虐待です。しかし、ニュースで保育士の虐待が報じられいることがあります。
保育士の恋愛事情と結婚
保育士だって恋愛もするし結婚願望も普通にあります。保育士の人は結婚しても仕事を続けたいと思っている人も多いでしょう。
保育士の入園式の服装
保育士の入園式の服装は保護者もいろいろ迷いますが、保育士も結構悩みます。いつものようにジャージではだめなのでスーツを着ていく必要あります。
保育士のキャラクターエプロン
保育士にエプロンは必要な道具です。そのエプロンをキャラクターものが人気あります。中でもディズニーエプロンは特に人気があります。