保育士1年目は悩み多き時期

保育士として保育園などで働き始めてから1年目は様々な悩みを抱えることでしょう。

 

保育士1年目でやめたいと悩んでしまうことも多いんです。

 

1年目なのにやめたいと思ってしまう理由について、保育士同士の人間関係や子供の保護者との関係があげられます。

 

保育士同士ですとやはり男性よりも女性の方が多い職場となっていますから、その分様々なもめごとなども出てくることかと思います。

 

仕事って人間関係が良ければ楽しく続けることができますが、そうでなければしんどいものになってしまうものなのです。

 

また子供の保護者との関係においては保護者からのクレームが入ることでそれがストレスになってしまっていてやめたいと感じてしまうケースも多いようです。

 

他にも1年目という事で今まで保育士を目指して頑張ってきたころに抱いていた憧れと、そして今実際に保育士として働いている現実とのギャップに嫌になってしまう方も多いようです。

 

また保育士は労働の内容が大変なうえに給料が安い職業であるともいわれています。その点でも嫌になってしまう方も多いようです。

保育士辞めたい関連ページ

保育士のストレスは人間関係
保育士もたくさん悩みを抱えています。その中で人間関係の悩みが一番のストレスになっています。
保育士のいじめと先輩が怖い
保育士の職場でもいじめが存在します。また先輩が怖いのでストレスになっている場合もあり、その時は資格の仕事だということを生かして違う保育園に転職することも視野に入れましょう。
保育士の本音
保育士もたくさん悩みを抱えています。その中で本音を言うとしたら、保護者のお迎えが遅くなることが多いということです。
保育士とピアノ
保育士になりたいと思った時に思いつことがピアノが弾けるかどうかです。ピアノが弾けなかった人もたくさん保育士になっているので大丈夫です。