保育士の本音

子供を預かる保育園で働く保育士の方も実はいろいろなことを思いながら働いているものなんです。

 

保育士として働いているとどうしても様々なストレスを受けてしまうことでしょう。

 

様々なs問題を抱えているケースも多いです。

 

保育園に子供を預けている親は、やっぱり少しでも早く会いたいとお迎えは急いでくる、仕事が休みの日は子供も保育園を休ませて家族の時間を作る、そういうイメージもあることでしょう。

 

普段仕事で忙しくて中々子供との時間を作ってあげられない分仕事が休みの日には子供と一杯ふれあうという時間を作っている保護者の方もたくさんいらっしゃいますし、お迎えの時間に遅れないように急いでお迎えに来る方もいらっしゃいます。

 

ですが中にはそうではない保護者の方もいます。

 

延長保育などに申し込んでいないのに平気で毎日お迎えに遅れてくる、正直保育士の方は迷惑に思っている方が多いようです。

 

それに子供も早くお迎えに来てくれるのを待っているので、できるだけ急いで迎えに来てほしいと保育士の方も思っているようです。

 

しっかり対応してほしいものですね。

保育士辞めたい関連ページ

保育士のストレスは人間関係
保育士もたくさん悩みを抱えています。その中で人間関係の悩みが一番のストレスになっています。
保育士のいじめと先輩が怖い
保育士の職場でもいじめが存在します。また先輩が怖いのでストレスになっている場合もあり、その時は資格の仕事だということを生かして違う保育園に転職することも視野に入れましょう。
1年目の悩み
保育士もたくさん悩みを抱えています。中でも保育士一年目の人は悩んでいることが多く、辞めたいと思ってしまうのである。
保育士とピアノ
保育士になりたいと思った時に思いつことがピアノが弾けるかどうかです。ピアノが弾けなかった人もたくさん保育士になっているので大丈夫です。