保育士と幼稚園教諭の違い

保育園で働く保育士と幼稚園で働く幼稚園教諭、同じものに思えますが実は違うものになります。

 

保育園や幼稚園で働くには資格がいるケースが多いです。
その資格として保育士と幼稚園教諭があります。

 

それぞれ違った資格になるのです。この違いについて説明します。

 

まず保育士ですが保育士は厚生労働省の管轄となります。
児童福祉法に基づいて保育をすることとなります。

 

保育士が働く保育園は学校、つまり教育施設ではなく児童福祉施設となります。保育の対象となる子供の年齢は0歳から就学前となっており幅広い年齢の子供への対応が必要です。

 

幼稚園教諭に比べると比較的取得しやすいですし、更に国家資格であるため活躍の場が多いというメリットがあります。

 

そしてまた幼稚園教諭の場合は文部科学省の管轄となっています。

 

幼稚園教諭は学校教育法に基づいて教育を行う教員です。

 

幼稚園は学校なのです。子供の対象となる年齢は3歳から就学前となっていて幼稚園で主に働くこととなります。

 

幼稚園教諭の資格を取得している方は保育士試験の筆記試験の一部と実技試験が免除されます。

保育士辞めたい関連ページ

保育士と英語力
保育士に英語力は関係ないように思えますが、これからの時代は英語力も必要になってくるでしょう。
仕事内容
保育士を仕事の内容は子供の面倒を見ていたらいいってわけではありません。
人手不足と将来性について
保育士を深刻な人手不足に陥ってるのですが、将来性はいかなものなのでしょうか。
保育士の派遣は人気
保育士にも派遣があります。これが人気あります。なぜなら正社員みたいに持ち帰りの仕事や残業がないからです。
パート労働について
保育士を仕事をパート労働でしている方も多く、そのほとんどが時給制で働いおています。仕事と家庭を両立している方がたくさんいます。
職場環境について
保育士を仕事環境は世間が思っている以上に過酷です。外からの目に見えない仕事もたくさんあります。