保育士の人手不足

昨今では深刻な保育士不足が問題視されています。保育士自体が保育園などにおいて不足しているということなんですね。

 

新しく保育園がどんどんと完成していっても保育士が不足しているというような状況があるようです。

 

待機児童が大変だという事はよくニュースなどでも見かけます。

 

保育園に働きたくてもなかなか保育園に入ることが出来ないという子供たちが多くいるということです。

 

不景気などの事情により子供が幼いころから共働きをするという世帯が増えてきていて幼稚園よりも保育園に子供を通わせたいと考える方が増えています。

 

それに伴い、少子化であっても保育園を必要とする子供の数はどんどんと増えて待機児童が発生してしまっている状態になっています。

 

そして保育園を増設したり、またこども園ができたりなどの対策を行っているのですが、そうなると保育士の数も多く必要となりますが保育士の数が圧倒的に不足してしまっている状況に陥っています。

 

どの保育園でも保育士を獲得しようと必死になっています。四角必須の仕事ですから中々少ないのが現状なのです。

保育士の将来性

様々な職種で働くうえで気になるのがその職業として働いていくことの将来性だと思います。

 

では例えば保育士として働いていくのであればその将来性はどうなのでしょうか。

 

保育士の将来性には期待することができるのでしょうか。保育士の資格を取得しておけば保育士は必ず必要な職業ですから何かと仕事はあると思います。

 

最近では高齢化により少子化が進む一方だといわれています。

 

ですがその傍ら待機児童であふれているという現実もあるのです。

 

なぜ少子化で子供の数が減っているのに、保育園に入れないという待機児童の数は減らずむしろ増えているのでしょうか。

 

昨今では不景気などの事情により、共働きの家庭がとても増えてきています。

 

そこで子供を幼稚園ではなく保育園に入れるという家庭も多くなっているため保育園の空きが足りないという現状になっているのです。

 

ですから保育を必要としている子供がたくさんいるため保育士としての仕事はたくさんあります。

 

また保育園だけでなく一時預かりや託児所のサービスを行っている所で保育士として働くという方法もあります。

保育士辞めたい関連ページ

保育士と英語力
保育士に英語力は関係ないように思えますが、これからの時代は英語力も必要になってくるでしょう。
仕事内容
保育士を仕事の内容は子供の面倒を見ていたらいいってわけではありません。
保育士の派遣は人気
保育士にも派遣があります。これが人気あります。なぜなら正社員みたいに持ち帰りの仕事や残業がないからです。
保育士と幼稚園教諭の違い
保育士と幼稚園教諭の違いはどこにあるのでしょうか。世間的に同じように思われがちです。
パート労働について
保育士を仕事をパート労働でしている方も多く、そのほとんどが時給制で働いおています。仕事と家庭を両立している方がたくさんいます。
職場環境について
保育士を仕事環境は世間が思っている以上に過酷です。外からの目に見えない仕事もたくさんあります。