保育士のパート労働

保育士は様々な雇用形態があります。正社員として保育士で働いている人がいる傍らパートタイムで働いている方も多いです。

 

パートタイムということはどういう働き方なのかということですが、1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者として厚生労働省で定義されているようです。

 

給与は時給制であることがほとんどです。その平均な時給ですが、地域によって大きくばらつきがあり大体800円から1200円となっています。また地域だけでなくそれぞれの園によっても違いがあるようです。

 

パートタイムで保育士として働く場合、仕事家事育児を両立することができるというメリットがあります。

 

独身の頃は保育士としてフルタイムで働いていたけれど結婚や出産を機に職場を離れて再びパートタイムで保育士として働きだしたという方がとても増えてきています。

 

今までの保育士としての資格や経験を活かしつつ自分の都合に合わせた働き方ができるという所が魅力的なポイントです。

 

疲労度は高いですが充実したお仕事でもあります。

保育士辞めたい関連ページ

保育士と英語力
保育士に英語力は関係ないように思えますが、これからの時代は英語力も必要になってくるでしょう。
仕事内容
保育士を仕事の内容は子供の面倒を見ていたらいいってわけではありません。
人手不足と将来性について
保育士を深刻な人手不足に陥ってるのですが、将来性はいかなものなのでしょうか。
保育士の派遣は人気
保育士にも派遣があります。これが人気あります。なぜなら正社員みたいに持ち帰りの仕事や残業がないからです。
保育士と幼稚園教諭の違い
保育士と幼稚園教諭の違いはどこにあるのでしょうか。世間的に同じように思われがちです。
職場環境について
保育士を仕事環境は世間が思っている以上に過酷です。外からの目に見えない仕事もたくさんあります。