保育士の仕事

保育士の仕事とは

保育士の仕事とは、具体的に挙げると、子供に食べる、眠る、着替えるなどの基本的生活習慣を身につけさせることにあり、子供の身の回りのお世話をすることにあります。

 

そして、子供に集団生活を通して社会性を身につけさせる役割もあり、子供と遊ぶことで心身の健やかな成長を手助けしていきます。

 

また、保護者に対して教育などの手助けやアドバイスをするのも保育士の仕事で、他にも教材を考えたり、行事を計画実行したり、施設内の安全点検なども実施します。

 

幼児期に身に付けることが重要とされる食事、睡眠、排泄、清潔、衣類の着脱について教育するのが保育士の役割であり、基本的な生活習慣を身に付けさせることで自立を促します。

 

保育士は、子供の身の回りの世話をするのが主な仕事なので、日々、子供の顔色、声の調子、行動などをチェックしながら、欲求を満たしていきます。そして集団生活を通して社会性を養わせます。

 

保育士は子供に対して、ルールのある遊びを通して社会性を学ばせます。遊びを中心とした生活を通して子供に心身の健やかな発達をサポートするのが保育士の仕事になります。

 

保育士,仕事

保育士の仕事について記事一覧

保育士と英語力は、あまり関係ないように思われますが、これからは保育士にも英語力が求められます。なぜなら、2011年から小学校での英語教育が必修化されたからです。そのため、英語保育を行う保育園が増えていて、今後のことを考えると、保育士にも語学力が求められるでしょう。英語保育園の場合、英語を使用して保育を行うので、当然、保育士には英語力が必要になります。英語保育園では、英語を使用した環境下で保育をする...

保育士の仕事内容は、沢山あります。保育士の仕事は単に子供の面倒を見るだけでなく、子供に基本的生活習慣を身につけさせるほか、保護者に対して教育などのアドバイスをしなければなりません。子供との信頼関係だけでなく、保護者との信頼関係も構築していかなくてはなりません。保育士は子供を健康、安全に預かるだけでなく、子供の成長を手助けする役割があります。そのため、保護者には1日の出来事や健康状態を伝え、子供が自...

昨今では深刻な保育士不足が問題視されています。保育士自体が保育園などにおいて不足しているということなんですね。新しく保育園がどんどんと完成していっても保育士が不足しているというような状況があるようです。待機児童が大変だという事はよくニュースなどでも見かけます。保育園に働きたくてもなかなか保育園に入ることが出来ないという子供たちが多くいるということです。不景気などの事情により子供が幼いころから共働き...

保育士の派遣は人気があります。結構自由がきく土日も休める持ち帰りの仕事がない残業がない比較的自由に働くことができるからです。保育士の仕事は持ち帰りが多いのですが、派遣の場合、持ち帰りなどの仕事がないので楽です。基本的に派遣の場合、残業がありません。保育士の仕事は残業が多く、ほとんどがサービス残業になるのですが、派遣社員なら時間がくれば仕事を切り上げることができます。そして派遣の場合、高収入が期待で...

保育園で働く保育士と幼稚園で働く幼稚園教諭、同じものに思えますが実は違うものになります。保育園や幼稚園で働くには資格がいるケースが多いです。その資格として保育士と幼稚園教諭があります。それぞれ違った資格になるのです。この違いについて説明します。まず保育士ですが保育士は厚生労働省の管轄となります。児童福祉法に基づいて保育をすることとなります。保育士が働く保育園は学校、つまり教育施設ではなく児童福祉施...

保育士は様々な雇用形態があります。正社員として保育士で働いている人がいる傍らパートタイムで働いている方も多いです。パートタイムということはどういう働き方なのかということですが、1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者として厚生労働省で定義されているようです。給与は時給制であることがほとんどです。その平均な時給ですが、地域によって大きくばらつ...

保育士の職場環境については、一言でいうと過激です。保育士の仕事は朝七時から始まり、全体の保育は五時ごろには終わるのですが、それで終わりではありません。その後、掃除や行事のミーティング、制作、事務の手伝いなどがあります。残業は当たり前で、遅い日は11時くらいまで残ることもあります。また土曜日もほとんど出勤になることが多いので、体が休まりません。保育士の職場環境は、結構ピリピリしています。職場の空気は...