主婦が保育士になるのは可能です!

主婦が保育士になるのは可能です。

 

ただ、そうは言っても保育士試験は国家試験なので簡単には合格できません。

 

保育士試験の壁は高く、難関の試験となっています。
保育士資格を取得するには、筆記試験と実技試験をクリアしないといけません。

 

合格科目は3年間有効となっているので、期限内であれば不合格科目のみの受験が可能ですが、試験は8科目もあり、合格率は例年10%台とかなり厳しい状況です。

 

実は試験に合格しなくても主婦が保育士になれる道はあります。

 

保育士試験についての基本を少し知っておけば、無資格でも働ける保育補助という仕事があります。

 

保育園で働けるのは保育士の資格を持つ保育士だけではなく、保育補助といって保育士の行う仕事の補助ができる仕事があるのです。

 

これなら保育士の資格がなくても働くことができます。

 

保育士の資格を持っていないと正社員として雇用してもらうことは難しいのですが、保育補助の仕事ならアルバイトやパートなどで気軽に働けるメリットがあります。

 

主婦ならアルバイトやパートとして週2日や週3日程度、非常勤として勤務する方が働きやすいはずです。

 

資格なしで保育補助の仕事をするという道が主婦にはあります。

保育士辞めたい関連ページ

国家試験 と試験の合格率
保育士の資格は国家資格であり、国家試験を受けなければいけません。またその合格率はどれくらいのものなのでしょうか。
受験資格となるためには
保育士の受験資格となるためには学校教育法による大学に2年以上在学し、かつ62単位以上修得しないとだめです。保育士の国家試験を受けるには指定保育士養成施設を卒業しないといけません。
独学や通信講座で保育士に
保育士になりたいけど学校にはいきたくない。独学で保育になれるのでしょうか。また通信講座で保育士の資格がしゅとくできるのでしょうか。
保育士の専門学校
保育士専門学校は、卒業すると保育士の資格が取得できるので確実な方法です。保育士試験の受験資格がなくても資格取得が可能であるのでおすすめです。
保育士の実施試験
保育士の試験で難関で厄介なのが実施試験である。音楽、絵画、言語、一般の中の3教科から出題されます。
看護師資格と保育士資格の関係
看護師資格と保育士資格の関係はどこか関係があるように思えますが、基本的に別の資格関連性はありません。。