保育士の受験資格をとるために必要なこと

保育士の受験資格となるためには、学校教育法による大学に2年以上在学し、かつ62単位以上修得した者でなければなりません。

 

また、短期大学の最終学年に在学している者については、年度中に卒業することが見込まれる者であれば、受験資格が認められます。

 

他にも、専修学校の専門課程もしくは各種学校を卒業した者や、高等学校を卒業した者もしくは中等教育学校を卒業した者、大学に1年以上在学し、かつ年度中に62単位以上修得済で、それを学校長が認めた者なども該当します。

 

4年生大学、短大については、保育士と関連のない学部や学科であっても卒業していれば保育士試験の受験資格となります。

 

専門学校については、専修学校で修業年限が2年以上の専門課程を卒業していれば、受験資格が得られます。

 

また、最終学年に在学中で年度中の卒業見込みなら、在学中でも受験資格ありと認められます。

 

高校については、平成3年3月31日以前の卒業なら、高等学校の卒業だけでも受験資格があります。

 

また、以降の卒業でも高校卒業後、2年以上で2880時間以上、保育施設で児童保護に従事した経験があれば受験資格として認められます。

保育士辞めたい関連ページ

国家試験 と試験の合格率
保育士の資格は国家資格であり、国家試験を受けなければいけません。またその合格率はどれくらいのものなのでしょうか。
独学や通信講座で保育士に
保育士になりたいけど学校にはいきたくない。独学で保育になれるのでしょうか。また通信講座で保育士の資格がしゅとくできるのでしょうか。
保育士の専門学校
保育士専門学校は、卒業すると保育士の資格が取得できるので確実な方法です。保育士試験の受験資格がなくても資格取得が可能であるのでおすすめです。
保育士の実施試験
保育士の試験で難関で厄介なのが実施試験である。音楽、絵画、言語、一般の中の3教科から出題されます。
看護師資格と保育士資格の関係
看護師資格と保育士資格の関係はどこか関係があるように思えますが、基本的に別の資格関連性はありません。。
主婦が保育士になる
主婦が保育士になるのは可能でが、保育士試験は難しいので努力が必要です。ただ今の時代は主婦の方もどんどん資格を取っていますのでチャレンジしてみてはいかがですか。