保育士の実施試験は難関

保育士の実施試験は難関と言われています。

 

保育士試験のネックとなるのが実施試験であり、これはいわゆる実技試験のことです。

 

どのようなことが行われるのかというと、音楽、絵画、言語、一般の中の3教科から出題されます。

 

受験者はそのうち2教科を選ぶことができます。

 

そして2科目が6割以上で合格すれば、無事、保育士資格を取得できるという流れになります。

 

実技試験は筆記試験を全科目合格しないと受験できません。

 

筆記試験の結果が出た後に実施されるもので、9科目すべてに6割以上の点数で合格しないといけません。

 

その後、実技試験を3科目内から2科目受験することになります。

 

保育士の実技試験は難関とは言われているものの、最終試験であり、ある程度、しっかり備えておけばそれほど恐れることはありません。

 

それよりも筆記試験を万全にしておくことです。保育士試験の合格率は10〜15%なので、決して簡単にとれる資格ではありません。

 

しかし、筆記試験9教科をクリアすれば、合格率はかなり高くなります。実技試験のみの合格率で言えば、90%以上を超えているからです。

 

保育士辞めたい関連ページ

国家試験 と試験の合格率
保育士の資格は国家資格であり、国家試験を受けなければいけません。またその合格率はどれくらいのものなのでしょうか。
受験資格となるためには
保育士の受験資格となるためには学校教育法による大学に2年以上在学し、かつ62単位以上修得しないとだめです。保育士の国家試験を受けるには指定保育士養成施設を卒業しないといけません。
独学や通信講座で保育士に
保育士になりたいけど学校にはいきたくない。独学で保育になれるのでしょうか。また通信講座で保育士の資格がしゅとくできるのでしょうか。
保育士の専門学校
保育士専門学校は、卒業すると保育士の資格が取得できるので確実な方法です。保育士試験の受験資格がなくても資格取得が可能であるのでおすすめです。
看護師資格と保育士資格の関係
看護師資格と保育士資格の関係はどこか関係があるように思えますが、基本的に別の資格関連性はありません。。
主婦が保育士になる
主婦が保育士になるのは可能でが、保育士試験は難しいので努力が必要です。ただ今の時代は主婦の方もどんどん資格を取っていますのでチャレンジしてみてはいかがですか。