保育士の国家試験

保育士の国家試験は、それなりにハードルが高いです。

 

保育士は昔は保母さんと呼ばれていたのですが、法改正により2003年から国家資格になりました。

 

今では男女関係なく保育士という名称に統一されています。

 

保育士の国家資格を取得するには、保育士試験に合格するか、保育士養成学校である大学か短大か専門学校に入学して、所定の単位を取得して卒業するしかありません。

 

資格を取得して保育士証の交付を受けることで、保育士として働くことができます。

 

保育士試験は毎年1回行われる国家試験なので、しっかり勉強しないと合格できません。

 

また、受験するには一定の受験資格を満たしておかないといけません。

 

受験資格としては、4年制の大学の卒業、短大や高等専門学校の卒業、高校を卒業して児童福祉施設などで2年以上の仕事に従事した人などがあります。

 

保育士試験は国家試験なので、合格率はかなり低いです。難易度は合格者の割合を見るとそれなりに難関となっていて、合格率は15%弱で推移しています。

 

安易な取組みでは合格は絶望的と言えるので、独学ではなく、通信講座などでしっかり勉強してから試験に挑む必要があります。

保育士の試験合格率

保育士の試験合格率はかなり低いです。

 

全科目の合格率は10〜20%くらいなので、厳しい試験です。

 

合格率は10%〜20%の間を推移していて、平成27年度の合格率は22.8%となっています。

 

保育士の試験合格率は、このように低いので、簡単に合格できる試験ではありません。

 

また、科目によっては、かなり細かい部分まで問われることがあるので、試験に備えてしっかり勉強する必要があります。

 

合格した科目はその年を含めて3年間有効なので、トータルで見るともう少し合格率は高くなりますが、いずれにせよ難関の国家資格であることに違いはありません。筆記試験はマークシート方式で、各科目6割以上の得点を取らないといけません。

 

そして実技試験は選択した2分野がともに6割超をマークしないといけません。それで初めて合格できるのです。

 

実技試験は筆記試験合格者のみ受験できるので、まずは筆記試験をクリアしないとダメです。

 

保育士試験に合格するには、自分にあった参考書を見つけて試験に役立てることが大事です。

 

保育士という素敵な職業に就くには、まずは試験に合格しないといけないので、試験対策をしっかり立てて試験に臨みましょう。

保育士辞めたい関連ページ

受験資格となるためには
保育士の受験資格となるためには学校教育法による大学に2年以上在学し、かつ62単位以上修得しないとだめです。保育士の国家試験を受けるには指定保育士養成施設を卒業しないといけません。
独学や通信講座で保育士に
保育士になりたいけど学校にはいきたくない。独学で保育になれるのでしょうか。また通信講座で保育士の資格がしゅとくできるのでしょうか。
保育士の専門学校
保育士専門学校は、卒業すると保育士の資格が取得できるので確実な方法です。保育士試験の受験資格がなくても資格取得が可能であるのでおすすめです。
保育士の実施試験
保育士の試験で難関で厄介なのが実施試験である。音楽、絵画、言語、一般の中の3教科から出題されます。
看護師資格と保育士資格の関係
看護師資格と保育士資格の関係はどこか関係があるように思えますが、基本的に別の資格関連性はありません。。
主婦が保育士になる
主婦が保育士になるのは可能でが、保育士試験は難しいので努力が必要です。ただ今の時代は主婦の方もどんどん資格を取っていますのでチャレンジしてみてはいかがですか。