保育士に独学でなれるのか

保育士に独学でなれるのかというと、不可能ではありませんが、厳しいと言わざるを得ません。

 

独学で保育士の勉強をする場合、市販のテキスト等を購入することになりますが、法改正に注意しないといけません。

 

試験に出題されやすいからです。書店に置かれている参考書は、対策としては不十分なものが多いので、独学で試験に合格するのは難しいかもしれません。
保育士は学校に行かなくても資格取得はできるのですが、取得にはかなり厳しい勉強が必要になります。

 

独学で資格取得を目指すなら、よほど効率よく勉強スケジュールを組んでいかないとダメで、評判の良い参考書を吟味し、問題集を徹底的に解く工夫が求められます。

 

また、テキスト以外に必要とする科目の情報を得るため、副読本なども参考にする必要があります。

 

そして日々、子供や福祉関連のニュース、法律改定に耳を傾ける心構えが大事です。

 

こうしたことを考えると、独学で保育士を目指すより、受験者が多く利用している通信講座を利用する方が賢明です。

 

通信講座の場合、過去の出題傾向やポイント、法改正に伴う変更点の連絡や法令集などの資料をすべてそろえてくれ、実技試験への対策もあるので安心です。

保育士の通信講座

保育士の通信講座は、気軽に受けられるという意味ではおすすめできます。

 

保育士の通信講座は働きながら学ぶことができ、主婦なら家庭内で勉強することができます。

 

通うという手間がないので、自由な時間にしっかり勉強することができます。

 

そしてレポートを提出すればちゃんとチェックしてくれ、相談や質問ができるシステムもあるので素早く解決できます。

 

また、保育士の通信講座ならマイペースで勉強することができ、費用も安く済みます。

 

分割払い制度もあるので、経済的にも無理がありません。

 

学校に通うとなると20万円前後はかかりますが、通信講座なら6万円くらいで受けられます。

 

学校の半分以下の費用で受けられるのは大きいです。

 

保育士の通信制講座は、勉強する時間を自分で自由に選べるので、時間に制限があるのが困る社会人や主婦におすすめできます。

 

仕事終わりや家事の合間に、勉強する時間を選ぶことができます。

 

ただ良いことばかりではありません。

 

通信講座の場合、自分で勉強スケジュールを管理しないといけないので、自己管理ができてしんどくても自分でしっかり勉強できる人でないとおすすめできません。

保育士辞めたい関連ページ

国家試験 と試験の合格率
保育士の資格は国家資格であり、国家試験を受けなければいけません。またその合格率はどれくらいのものなのでしょうか。
受験資格となるためには
保育士の受験資格となるためには学校教育法による大学に2年以上在学し、かつ62単位以上修得しないとだめです。保育士の国家試験を受けるには指定保育士養成施設を卒業しないといけません。
保育士の専門学校
保育士専門学校は、卒業すると保育士の資格が取得できるので確実な方法です。保育士試験の受験資格がなくても資格取得が可能であるのでおすすめです。
保育士の実施試験
保育士の試験で難関で厄介なのが実施試験である。音楽、絵画、言語、一般の中の3教科から出題されます。
看護師資格と保育士資格の関係
看護師資格と保育士資格の関係はどこか関係があるように思えますが、基本的に別の資格関連性はありません。。
主婦が保育士になる
主婦が保育士になるのは可能でが、保育士試験は難しいので努力が必要です。ただ今の時代は主婦の方もどんどん資格を取っていますのでチャレンジしてみてはいかがですか。