保育士の資格と試験

保育士の資格

保育士の資格は魅力があります。保育士は国家資格であり、一度取得すれば、その後、講習を受けたり更新の必要がないからです。

 

保育士の資格は永続的で、出産や子育てなどの理由で退職しても、また再就職することができます。

 

最近では特に保育のニーズが減少していることから、保育士の資格は引く手あまたの状況となっています。

 

待機児童などの問題もあり、今後は益々ニーズが高まるばかりです。また共働き家庭が増えてきたことからも、保育の需要は増え続けています。保育士の資格を取得すれば、ライフスタイルに合わせて働くことができます。

 

フルタイム勤務だけでなく、パートやアルバイト、派遣としても働けるので、子育てをしながらでも勤務できます。

 

保育士の資格は年齢に関係なく受験することができ、一度に8教科合格する必要はなく、3年間で8教科を合格できれば大丈夫です。

 

3年間で資格を取ることを考えれば、余裕をもって勉強することができます。ただし合格率は低いので、保育士の資格を取るなら、独学ではなく通信講座がおすすめです。保育士として働きたいなら、しっかりと保育士資格受験の準備に取り掛かりましょう。

 

保育士,資格,試験

保育士の資格・試験について記事一覧

保育士の国家試験は、それなりにハードルが高いです。保育士は昔は保母さんと呼ばれていたのですが、法改正により2003年から国家資格になりました。今では男女関係なく保育士という名称に統一されています。保育士の国家資格を取得するには、保育士試験に合格するか、保育士養成学校である大学か短大か専門学校に入学して、所定の単位を取得して卒業するしかありません。資格を取得して保育士証の交付を受けることで、保育士と...

保育士の受験資格となるためには、学校教育法による大学に2年以上在学し、かつ62単位以上修得した者でなければなりません。また、短期大学の最終学年に在学している者については、年度中に卒業することが見込まれる者であれば、受験資格が認められます。他にも、専修学校の専門課程もしくは各種学校を卒業した者や、高等学校を卒業した者もしくは中等教育学校を卒業した者、大学に1年以上在学し、かつ年度中に62単位以上修得...

保育士に独学でなれるのかというと、不可能ではありませんが、厳しいと言わざるを得ません。独学で保育士の勉強をする場合、市販のテキスト等を購入することになりますが、法改正に注意しないといけません。試験に出題されやすいからです。書店に置かれている参考書は、対策としては不十分なものが多いので、独学で試験に合格するのは難しいかもしれません。保育士は学校に行かなくても資格取得はできるのですが、取得にはかなり厳...

保育士の専門学校は、着実に保育士になりたい人におすすめできます。卒業と同時に保育士資格を取得できるからです。保育士の専門学校なら2年で資格を取得することができます。保育士の専門学校の魅力は、保育士試験の受験資格がなくても資格取得が可能であるところです。保育士資格を取得するには、指定保育士養成施設を卒業するか、保育士試験に合格するしかありません。保育士試験については受験資格が必要になるので、受験資格...

保育士の実施試験は難関と言われています。保育士試験のネックとなるのが実施試験であり、これはいわゆる実技試験のことです。どのようなことが行われるのかというと、音楽、絵画、言語、一般の中の3教科から出題されます。受験者はそのうち2教科を選ぶことができます。そして2科目が6割以上で合格すれば、無事、保育士資格を取得できるという流れになります。実技試験は筆記試験を全科目合格しないと受験できません。筆記試験...

看護師資格と保育士資格の関係はどのようになっているのか気になるところですが、それぞれが個別の国家資格なので、特に関連性はありません。保育士になるには、当然、専用の資格が求められるわけで、子供に接する仕事になります。人相手の仕事という意味では、看護師資格と保育士資格は全く関係がないわけではありません。しかし、看護師資格があるからと言って、保育士の試験科目が免除されることはありません。実際に免除される...

主婦が保育士になるのは可能です。ただ、そうは言っても保育士試験は国家試験なので簡単には合格できません。保育士試験の壁は高く、難関の試験となっています。保育士資格を取得するには、筆記試験と実技試験をクリアしないといけません。合格科目は3年間有効となっているので、期限内であれば不合格科目のみの受験が可能ですが、試験は8科目もあり、合格率は例年10%台とかなり厳しい状況です。実は試験に合格しなくても主婦...