乳児院保育士募集は増えている

最近は乳児院保育士を募集しています。

 

実は保育士は、乳児院で働くことができるのです。

 

保育士は保育園で働くだけでなく、福祉施設でも活躍できます。

 

ただ、乳児院保育士の場合、通常の業務とは異なるのでそのことをよく知っておかなくてはいけません。

 

乳児院保育士は、どのような仕事をするのかというと、保護者と生活ができない状況に置かれた乳児のお世話をします。

 

保育園とは違い、子供たちは乳児院で生活していて、乳児院には看護師、管理栄養士がいます。

 

彼らと協力しながら子ども達を養育するのが、乳児院保育士の仕事になります。

 

乳児院保育士になるには、それなりに覚悟が必要です。

 

保育士という枠を超えて母親のように愛情を注がないといけないからです。

 

子供たちの心の拠り所になるのが任務なので、心理的な知識も当然必要になります。

 

また、一般的な保育園とは異なり、風呂の介助、寝かしつけなど特殊な業務をこなさないといけません。

 

乳児院保育士の給料は、一般的な保育士の給料よりも高くなりますが、その分ハードです。

 

月4回〜6回程度、夜間勤務や超過勤務などがあるので、かなり多忙な勤務になります。

保育士辞めたい関連ページ

ハローワークの保育士求人
保育士の求人を探すときに昔から思いつくのがハローワークです。今も多くの人がハローワークで仕事を探して就職しています。保育士の仕事もそれなりに数多く出ていますが、あまりお勧めできない理由もあります。
保育士求人サイトの転職・就職の登録
保育士の求人は保育士求人サイトが求人数も多く、いい保育園が見つかる可能性も他の媒体より望めます。
面接や志望動機・履歴書の書き方
保育士の面接のことや志望動機をどうのように説明するのがよいのか、保育士の転職の履歴書はどう書くのがいいのかを説明しています。
小児病棟の保育士の求人
小児病棟の保育士は、病気と戦う子供たちの保育なので一般の保育園では感じないやりがいと悲しみがあると思います。求人は少なめです。
保育士の40代
保育士の求人は多いのですが40代の保育士に働き口もちゃんとあります。若い人にはベテランの安心感もあります。