保育士を辞めたい!

保育士を辞めたい!!

保育士を仕事についている人の中で保育士を辞めたいと思っている方いますよね?
理由は様々であると思います。
ただ折角勉強して資格をとって保育士になったのだから今の現状がすべてでないと思います。
同じ保育士でも職場環境が変わると全く違う気持ちになることもよくあるのです。
保育士をやめたいと思った人にはまず違う環境で保育士をやってみることをおすすめします。
全くこれまでと違った環境で仕事かわへの気持ちが180度変わった人はたくさんいます。

 

保育士,辞めたい

 

保育士をやめたい

 

保育士をやめたい理由

 

保育士,辞めたい保育士の仕事がイヤでやめたい

 

保育士,辞めたい職場の人間関係がイヤでやめたい

 

保育士,辞めたい給与・収入が安くやめたい

 

保育士,辞めたい労働時間の問題や休日出勤が多くやめたい

 

保育士,辞めたい保育士の他にやりたい仕事があるからやめたい

 

保育士,辞めたい保護者の態度が嫌いでやめたい

 

ざっといくつか挙げてみましたがあなたは当てはまりましたか?

 

保育士の仕事は体力もいるし頭も使い人とのコミュニケーション能力が必要な仕事である意味大変な仕事の部類なかもしれませんが、子供のために人のために社会のために貢献できるやりがいのあるお仕事です。

 

やりがいはある保育士の仕事ですが、仕事内容はきついのです。
子育てをしたことのある人なら少しは理解できると思いますが、子供の世話は大変です!

 

まして多人数の人の子となるとさらに大変です。

 

それにけがをさせてはいけないなどのプレッシャーもあり疲れます。

 

それで給与が高ければ我慢もできるのですが、それが結構安いので保育士をやめたいと思う人が多いのです。
保育士,辞めたい

保育士を辞めたい理由

保育士を辞めたい理由は色々ありますが、端的に言うと仕事がハードだからです。

 

また、内容量の割に、賃金が低いのもその要因になっています。

 

保育士を辞めたい人はたくさんいて、それは仕事はとてもやりがいがある仕事なのですが、責任が重くプレッシャーがかかるからです。

 

保育士という仕事を辞めたいと考える大きな理由に、保護者との関わりに悩むことも挙げられます。保育士は保護者との関わりについて頭を悩ますことが多く、時と場合によってはそれが大きなプレッシャーになります。

 

特に最近は、なんでもかんでも攻撃的に攻めてくるモンスターペアレンツのような保護者も多く、かなり精神的に疲弊してしまいます。

 

中には子供の事に無関心な保護者もいて、千差万別な保護者との関わりは保育士にとっても大きな負担になります。

 

保護者の事で悩んで仕事を辞めたいと考える保育士は後を絶ちません。

 

保育士という仕事上、どうしても保護者との関わりは避けられないものなのです。

 

保育士の仕事を辞めたい理由には、体力的にしんどいというものもあります。

 

年長さんの5歳や6歳になると保育士にかかる体力的な負担はかなり大きくなります。

 

保育士の転職

保育士を辞めたい方は、全く違う世界にいくより違う保育園で転職を考えてはいかがでしょうか。
保育士に限らずですが、アパレルからアパレル、看護師から看護師、介護から介護といったように
同じ職種に転職すると仕事がスムーズにいきます。
あとは給料や待遇なんかは、希望に近い保育園を探せばいいのです。

 

保育士の仕事はあまり給与が高くないのでのんびり仕事を探すのはよくないです。

 

保育士をやめて保育士に転職するときに転職する手段は代表的なものは以下です。

 

保育士,辞めたいハローワークで探す

 

保育士,辞めたい新聞広告で探す

 

保育士,辞めたいタウン誌・求人雑誌で探す

 

保育士,辞めたい保育士求人サイトに登録する

 

保育士,辞めたい知人の紹介

 

保育士,辞めたい直接保育園の募集に募る

 

ハローワークには、全職種を考えるとたくさんあるように思えますが、保育士に絞ったりすると求人サイトに比べると求人はありません。。

 

新聞広告やタウン誌ですがこれも保育士の求人数が少なくあまりおすすめできません。

 

知人紹介は、必ずといっていいほど入れます。
でもやめにくいし、知人との仲も心配です。

 

そこで断トツでおすすめなのが保育士専門の求人サイトです!

 

一昔前ではなかった求人・転職方法ですが、ネット時代の今では最も有効な転職手段です。

 

保育士を専門にしている求人サイトなので求人数が圧倒的で選択肢は広いです。

 

今の保育士の仕事を辞めて違う保育園に転職

違う保育園に転職するという保育士は少なくありません。

 

それだけ保育士の仕事は悩みが多く、ハードです。

 

保育士の仕事は女性だけの職場になるので、人間関係の悩みが尽きません。

 

人間関係で煮詰まることが多く、複数担任の場合、一緒に組んでいる人達と上手くいかないことなどはよくあります。

 

そうなると体に不調が出てきて、不眠、食欲不振、下痢、動悸、頭痛などの症状が出てきたりします。

 

人間関係が良い保育園でないと、中々長続きしないのが保育士の仕事です。

 

無理に我慢しているといつかは限界がきて、結局、体調不良を理由に退職して、その後、違う保育園に転職するというケースはよくあります。

 

派遣会社に登録して違う保育園に転職する人はよくいます。

 

ただ、一般企業でもいえることなのですが、難しい年齢でもすんなり入れるような所は問題の多い職場であることが多いので、違う保育園に転職する時は注意しないといけません。

 

もちろん良い職場でやむ得ない事情で急募することもありますが、それは少ないです。

 

保育士の仕事は女性だらけの職場なので、人間関係が大変です。

 

違う保育園に転職する時は、これまでの経験をしっかりと生かすことです。

 

保育士から保育士の転職は専門エージェントランキング
保育士バンク

保育士バンクは国内最大級の求人情報量で全国を網羅していて厚生労働省認可を受けている求人サイトでありますので安心感が違います。
また保育士バンクのみ公開されている求人もあります。
転職後の無料サポートもついているのがここを利用したくなる要素の一つであります。
今の職場の待遇の悪さや人間関係も断ち切って保育士の資格を生かして心機一転違う保育園で働きたい方には一押しです。
月給25万以上 週休二日制 マイカー通勤OK 産休100%など・・好条件が多くあります。

 

〇メリット

  • 全国規模
  • 圧倒的な求人数
  • サポート充実
  • 好待遇が多い

 

×デメリット

  • 派遣の求人がない

 

好待遇の保育園の求人がたくさんある保育士バンクのページはこちら↓↓
保育士,辞めたい

保育ひろば

保育ひろばもほぼ全国展開している保育士専門求人サイトです。
保育ひろばから転職決定された方には転職お祝い金最大2万円をプレゼントされるというビックなおまけがついているところも嬉しいですね。
保育士さんの転職の条件のウエイトが高い給与UP 勤務場所ですがきっとあうところが見つかるはずです。

 

〇メリット

  • 対応スピードが早い
  • フォローがしっかり
  • お祝い金がもらえる
  • 正社員・派遣・アルバイトあり

 

×デメリット

  • 求人があまりない地域がある

 

最大2万円の祝い金がもらえる保育士ひろばのページはこちら↓↓

保育士,辞めたい

 

ほいく畑

ほいく畑も厚生労働大臣認可で安心の就業支援サービスです。ほいく畑は、使いやすいホームページで利用者から好まれています。

 

〇メリット

  • コーディネーターがひとりずつ専任で丁寧に対応
  • 厚生労働大臣認可で安心の就業支援サービス

 

〇デメリット

  • 関東・関西が中心で他のところはあまりない
  • パート・アルバイトがない

 

丁寧な扱いが売りのほいく畑のページはこちら↓↓

保育士,辞めたい

 

保育士情報どっとこむ

保育士情報どっとこむは全国の保育士、幼稚園教諭の求人に対応している求人サイトです。保育士、幼稚園教論の資格とスキルを活かせる仕事を紹介しています。
全国展開でありますが、九州に強い求人サイトと思っていいでしょう。

 

保育士情報どっとこむのページはこちら↓↓

保育士,辞めたい

 

保育士コンシェル

保育士コンシェルは保育士専門の求人サイトです。保育士専門・一般転職サイト見つからない「来年度開園する非公開情報」もあり貴重な情報です。
無料相談フォームには簡単に登録できますので登録してみるのもよいでしょう。

 

30秒でできる簡単相談フォームはこちら↓↓

保育士,辞めたい

 

 

保育士の転職の理由

保育士を辞めての転職の理由は色々ありますが、主に挙げられるのは給与の不満、人間関係、仕事内容です。

 

これらは保育士につきまとう大きな悩みであり、特に給与水準に不満があって、転職をする保育士は多いです。

 

保育士は年収が低い割には保護者とのトラブルも多く、人間関係のトラブルで悩まされることの多い職業です。

 

人間関係が悪化しやすいのは、保護者との考え方のくい違いがあるからです。保育士は人間関係で悩むことが多く、最終的に仕事をこれ以上続けていくことが難しいと考えるようになります。

 

また、保育士の仕事内容も大変で、業務が多岐に渡ります。定時間内で仕事をこなすことが難しく、自宅に持ち帰って雑用をしなければならないことも少なくなく、それらは全てサービス残業になります。

 

保育士はイベント準備に追われることも多く、これによりプライベートの時間もままならなくなります。自分の時間がまったく取れないので、転職する保育士も沢山いて、仕事のハードさが大きな原因になっています。残業が多く、休みが取れないなど、忙しすぎる職場についての不満が後を絶ちません。

 

保育士の求人

保育士の求人はたくさんあります。

 

最近はパートでも働くことができるようになっていて、補助金を支給する取り組みも始まっています。家庭があったり、子どもがいる人でもパートなら保育士として働きやすいです。

 

保育士の働き方は、正規職員、パートなどさまざまなので、求人を見て自分に合った働き方を模索することです。

 

中には、日曜休みや時間も相談できる保育士求人もあります。

 

家族の休みと合わせて日曜日は絶対に休みたい人にぴったりで、様々な求人があります。

 

保育士の求人を探すならネットの求人サイトがおすすめで、全国の豊富な求人情報の中から希望条件に合わせて検索ができます。

 

大手のサイトなら人気の紹介会社に求人紹介を依頼することもできるので便利です。また、ほとんどのサイトは完全無料となっていて、転職ノウハウなどのお役立ち情報などもしっかり掲載されているので大いに利用すべきです。

 

保育園の求人情報はハローワークに出ることも多いので、ハローワークで探すのも1つの手ですが保育士の求人サイトに比べると落ちます。
ハローワークに、相談員もいるので探しやすいです。

 

 

 

保育士を辞めたいと思ってる人どんな人

保育士が辛いと思う時

保育士が辛いと思う時は自分の努力が報われない時です。

 

一所懸命に努力をして仕事をしても報われないと辛くなります。

 

これはどんな仕事でもそうですが、保育士の場合、業務が多いのでテキパキと仕事をこなさなくてはなりません。

 

そうした中、空回りしているとどんどん落ち込むことになります。理想と現実のギャップに戸惑うと保育士の仕事は辛くなるので、先輩保育士にしっかり相談しながら仕事をしていく必要があります。

 

保育士が辛いと思うのは、業務量や残業の多さがあります。

 

休みが中々取れず、また仕事量も多く、いつも仕事に追われているのが保育士の仕事です。

 

毎日、書類が山積みで、それでいて行事は次から次へとやってきます。

 

保育士の仕事は本当にハードなので、辛く感じます。

 

膨大な仕事量をかかえているので、体力がないと務まりません。

 

子供をしっかり観察しながら、連絡帳にはその様子を記載しないといけません。

 

また、それと並行して膨大な事務や雑用をこなしていかないといけないので、単に子供が好きでは務まらない仕事です。

 

業務に追われることが多くなると、それがストレスになって非常に辛くなります。

 

保育士に向いていない人

保育士に向いていない人はどんな人かというと、子供に甘い人です。

 

子どもが喜ぶ姿を見たくて甘やかしてしまうような人は、保育士には向いていません。

 

また、保育士は保護者との面談もあるので、大人とのコミュニケーションが苦手な人も向いていません。

 

子供好きだけでは保育士の仕事は務まらないということです。

 

また、保育士の仕事は力仕事も多いので、体力のない人も向いていません。

 

体力に自信があるというのは、保育士さんにとって強みになるので、保育士になりたいなら体力面も磨いておく必要があります。

 

そのためには、自己管理を普段からきちんとできる性質が求められます。

 

体調を崩さないよう、栄養バランスや睡眠などに配慮できる人は保育士に向いていると言えます。

 

また、ポジティブ思考ができない人は、保育士に向いていない人です。

 

保育士の仕事は、職場の人間関係に悩むことが多く、保護者とのトラブルに頭を悩ませることが多いからです。

 

精神的な負担が多い職場でもあるので、ネガティブ思考で常に落ち込みやすい性質の人は、保育士には向いていません。

 

物事を常にポジティブに捉え、前向きな対応ができる能力が求められます。

 

保育士のうつ病

保育士のうつ病は大きな問題になっています。

 

実際にうつ病に苦しんで保育士を辞める人は少なくありません。

 

保育士がうつ病になるのは、精神的負担が大きい仕事だからです。

 

保育士の仕事は肉体的にハードであるだけでなく、先輩や上司とのやりとりがあります。

 

また、後輩の指導や保護者の対応などもあり、毎日大変なプレッシャーの中で仕事をしなければなりません。

 

体力的にハードな面に加えて精神的なストレスにもさらされるので、重圧はかなり大きくなります。保育士の仕事は、心配事も多いのでうつになりやすい仕事なのです。

 

日常の仕事以外に行事や持ち帰りの仕事、そして毎日の保育に準備が追われるなど、多忙な毎日を送ります。

 

そうした中、保護者との間でトラブルなどもあるので、それらにすぐに対処できる能力がないと精神的に参ってしまいます。

 

そのことにストレスを感じていると、たちまちうつになってしまいかねません。

 

保育士の仕事は色んな面でハードなので、精神的に落ち込むやすい傾向にあります。そのため、うつ病かなと思ったらすぐに心療内科や精神科などの専門医へ相談することです。